前へ
次へ

不動産を売買する際に注意する点

不動産を売買する際、いくつか注意する点があります。
そのひとつが売却相場の把握です。
売却の過程では、専門の業者に価格査定を依頼した後に売却活動を行いますが、価格査定前に自分自身でも売却の相場をリサーチしておくことが大切です。
不動産売却の相場の調べ方は様々ですが、相場を調べる際は複数のデータを参照することをオススメします。
具体的には、周辺にある類似物件の価格調査や周辺地域であった過去の売却データ、あるいは路線価や固定資産税評価額といった公的価格などがあります。
それら複数のデータを比較検討することで、交渉の際により有利にしやすくできます。
また、専門の会社などから査定してもらう時は、必ず相見積もりを取るようにしてください。
もちろん、これまで売却の経験があるなど、業界に精通しているのであれば、信頼できる1社に査定を依頼しても構いません。
これから売買を予定している方は、以上の点に注意しておきましょう。

Page Top